薄毛が気になったらすべきこと

薄毛が気になったら、まずは、これ以上進行させないことが大切です。そのためには予防をすることが大事です。
そのために、普段の生活習慣を見直してみることが大切です。
まずできることとして、食生活の見直しが大切です。髪は食べた栄養を元に成長するため、過度なダイエットなどをすると薄毛を進行させる原因となってしまいます。食事もただ食べればよいというわけではなく、栄養バランスを考えることも大切です。
髪に良い食品として、血行を良くし、頭皮に栄養を行き渡らせることができる成分のヨードを含む海藻類、髪に必要なミネラルが含まれている卵、亜鉛を多く含み、髪質の向上に効果がある牡蠣、血行を促進するビタミンが豊富な良く黄色野菜、女性ホルモンの代わりをするイソフラボンやたんぱく質を多く含む大豆類などがあります。しっかりとした栄養バランスを摂ることも薄毛の対策となります。
また、髪には成長ホルモンも大切です。髪に必要なたんぱく質を合成するためには、成長ホルモンが不可欠です。睡眠不足になると、エネルギーの代謝が悪くなり、ダメージが蓄積し、頭皮などの生命にあまり関係のない器官は栄養配分の優先順位が低くなるため、頭皮への栄養がしっかり行き渡らなくなるということも薄毛の原因となるため、しっかりと睡眠をとることも大切です。
ストレスは、自律神経を緊張させ、血管が収縮されて血流が減少して血行が悪くなることで、頭皮への血液や栄養がうまく行き渡らなくなることで、薄毛を進行させてしまいまうため、ストレスを溜めないことも大切です。
薄毛には頭皮の環境も大事なので、界面活性剤などが入ったシャンプーやリンスは、皮脂を取り除きすぎることで、頭皮のバリアの役割を果たす皮脂が減るとそれを補うために皮脂を過剰分泌させてしまい、さらに乾燥を招かせてしまうため、普段のシャンプーやリンスを変えることも有効です。