薄毛と髪の太さの関係

薄毛と髪の太さとの関係として、髪の太さには個人差がありますが、生まれつき髪が細いという人に関しては薄毛や脱毛との関係はあまりなく、逆に、以前は髪が太かったにもかかわらず、髪が細くなってきた場合は、ヘアサイクルの期間が年々短くなってきて、髪の毛の成長が短くなっているという可能性が考えられるため、以前とは髪質が変わったという方の場合は注意が必要となります。
遺伝によっても髪の太さというものは変わりますが、普段の生活によっても髪の太さは変わってきます。
もともと太い髪であったとしても、普段の生活習慣が不摂生であったり、普段から頭皮の状態を悪化させているようならば、髪が細くなって、薄毛にもなってしまう前兆ともいえます。
髪の変化として、もともと髪が細い人と比べるともともと髪が太い人の方が変化がわかりやすいため、細い人と比べると早く対策を立てることができるという点では髪が太い人の方が対策を早めに講じることができます。
ただし、髪の毛の太さというものは、20歳前後がピークで年齢とともに細くなっていくものなので、年をとるにしたがって結局は細くなっていくものです。しかし、問題なのは、急に細くなったり、部分的に急に細くなるといった症状がある場合には、薄毛が進行しやすい状態になります。
急に髪が細くなったという場合、早めに育毛ケアをすることが大切となります。髪の毛が細くなる原因として、頭皮の血流がよくないために、血液や栄養が行き渡らないということがあるため、シャンプーなどの際にマッサージをすることや、育毛剤などを利用することで、髪の太さを元に戻し健康な髪を取り戻すことができます。
髪の毛の太さの変化は、薄毛になってしまうサインなので、変化に早めに気がつき、ケアをすることが大切です。